単月購入 │ 5月 〜フルコース〜【10,000円】販売期日:6/26まで

by 青二才

¥8,000

複数箇所への配送について

ギフト等で商品配送先を2箇所以上指定される場合は、カートに追加を選択して下さい。
ショッピングカートページ内にある複数配送先に注文ボタンよりご指定頂けます。

本商品は単月販売の商品になります。お得な定期購入はこちらから

本商品の発送は5月末を予定しております。

酒ツーリズムとは

青二才 presents サブスクリプションサービス「酒ツーリズム」
日本酒文化を盛り上げるために、全国に広がる酒蔵とのネットワークを活かして、「おうちでお酒と旅をしよう!」をコンセプトに毎月定額で「美味い酒」と、「まるで旅行感覚で楽しめる食品の詰め合わせ」が届くサブスクリプションサービス。
毎月何が届くかはお楽しみ。

医療従事者の方にエールを

お店に来てくださいと大声で言えない状況で今「青二才」ができることを考えた時に、オンライン販売で医療従事者の方に何か提供できないかと考えました。 微力ではありますが、医療従事者の方に送料分をお値引きした金額で提供しております。単月商品のカートに追加ボタン上にあるプルダウン「医療従事者の方ですか?」を「はい」と選択いただくと、割引価格でご購入いただけます。

「プレミアム缶杯! 〜フルコース〜」

今回の「酒ツーリズム」は多彩な日本酒たちにピッタリな、贅沢な食材をふんだんに使った、とびっきりプレミアムな缶詰の詰め合わせをご用意。
宅食をさらに楽しむためのアレンジレシピと共にお届けします。
毎回お届けしているボリュームたっぷりの食材が「冷蔵庫に入らない……」というお声もいただいており、新たな試みとして企画しました!
過去、「酒ツーリズム」で提供してきた個性的かつ魅力的な日本酒たちと、青二才・代表の小椋道太と青二才が誇る日本酒キュレーター・竹内翔太が厳選した缶詰の絶妙なペアリングが醸し出す食感・美味しさをお楽しみください!
お酒をイメージしたタイダイをあしらったアーケードトーキョーオリジナルの手ぬぐいも付いてきます!


より手軽に「酒ツーリズム」を楽しんでいただけるように缶詰3品とお酒3本とボリュームが約半分で金額も約半分の「プレミアム缶杯! 〜ハーフコース〜」もご用意しました。
まずは試してみたい方、お一人で楽しみたい方などにおすすめです。

※20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

※料金には消費税、配送料が含まれます。

プレミアム缶杯 フルコース

商品内容のご紹介

<セット内容>

■日本酒
松の寿 純米 300ml
酒屋八兵衛 純米 300ml
大那 純米 300ml
山城屋 純米 300ml
陸奥八仙 純米 300ml
中島屋 純米 300ml

■缶詰
焼き寒さば きとうゆずトマト煮
馬テールのトマト煮
鯖コンソメ
黒あわび茸佃煮
宮島ムール貝のオリーブオイル漬け
わしたポーク

■その他
オリジナル手ぬぐい

青二才

小椋道太

株式会社青二才 代表取締役

2014年、それまで多くの人が持っていた日本酒へのハードルの高さを下げる『日本酒バル』という業態の店舗を青二才の2号店として中野にオープン。『少量』『均一価格』『リストを毎日更新』『シャンパングラス』での提供で多くの日本酒ビギナーからの指示を受ける。
個人としても年間数蔵の訪問を続けており、現在100近くの蔵元と繋がりを持つ。
清酒の味もさることながら、蔵元の人柄などに魅力を感じ、伝えていくことに重きを置いている。

小椋道太

竹内翔太

株式会社青二才 日本酒キュレーター

2016年、株式会社青二才へ入社。
元々焼酎に深い造詣を持っていたが、佐賀の清酒蔵元との出会いにより日本酒の世界へ傾倒。
蔵元の造りの現場を手伝ったり、個人で酒の会を開催したり、個人的興味の度を超えるほどの行動力と学習力で清酒造りの深い知識を持つように。また、飲食のシーンにおいてペアリングの重要性を早くに見出し様々な飲食店や、蔵元へのエンドユーザー視点からのアドバイスも行う。人は尊敬と親しみを持って彼のことを『サケマニア』と呼ぶ。

竹内翔太

松の寿 ×「焼き寒さば きとうゆずトマト煮」

松の寿 ×「焼き寒さば きとうゆずトマト煮」

缶詰:【徳島県産】焼き寒さば きとうゆずトマト煮(一部にサバを含む)

<徳島県 株式会社黄金の村>
「四国のチベット」と呼ばれる那賀町(なかちょう)木頭地区。全国的にみても非常に雨が多く、瞬間最高降雨量全国1位、年間降雨量四国一の記録を持つ地域かつ、冬の土の中の温度はマイナス10度、夏は40度を超える事もあります。

日本酒:松の寿 純米

1865年創業の栃木県塩谷町の山あいの小さな蔵元。酒造りは実直なご主人の松井宣貴氏が主に一人で行う。そして営業は日本一フットワークの軽い女将の真知子さんが一手に引き受けています。

アレンジレシピ

今回のお酒は微かな熟成感があるものをチョイスしております。身の締まった鯖と、爽やかな柚子の香り、そしてトマトの優しい酸味。それだけでも十分ですがお酒に近づけるために少しだけ黒酢を入れボウルの中でツナ状にします。

もっと読む >

酒屋八兵衛 ×「馬テールのトマト煮」

酒屋八兵衛 ×「馬テールのトマト煮」

缶詰:『Uma Bar』馬テールのトマト煮(一部に小麦、大豆、鶏肉、りんごを含む)

<熊本県 株式会社 千興ファーム>
希少な馬肉のテール(しっぽ)をトマト、玉ねぎ、ガーリック、などのソースで濃厚に煮込んである逸品です。テールのトマト煮は牛肉で作るのが一般的ですが、低カロリー高たんぱくな馬肉は体にとっても嬉しいポイント。

日本酒:酒屋八兵衛 純米

「酒屋 八兵衛」が目指すのは、日常に寄り添い、呑み飽きしない晩酌酒。「グラス一杯の驚きよりも一晩の安らぎ」をコンセプトに、料理との相性が良い食中酒としての役割りを大切にしています。

アレンジレシピ

八兵衛のお酒を飲むとき、気が付いたらこのお酒だけで一晩過ごしてしまった。というような展開が良くあります。何故か、きっと派手さは無くシンプルだけどお酒の中に様々な要素が入っていて、二杯目でも、酔ってきてもそれぞれの要素が心を満たしてくれてしまうのです。

もっと読む >

大那 ×「鯖コンソメ」

大那 ×「鯖コンソメ」

缶詰:鯖コンソメ(一部にさば・乳成分・鶏肉を含む)

<岩手県 岩手缶詰>
通常のいわゆる鯖缶とは違い、コンソメ味ベースで仕立てられております。鯖缶と言えば水煮、味噌煮が王道ですが、水煮よりも優しい旨味があり、味噌煮よりも濃くないです。

日本酒:大那 純米

大いなる那須の大地に根付くお酒として「大那」と名付けられたこのお酒は蔵元杜氏の阿久津信氏が平成16年から醸しだしたライン。誠氏が蔵に戻った平成14年は栃木県で一番小さな蔵だったものの逆境に負けない強い思いで大那を全国区の銘柄に仕立てられました。

アレンジレシピ

大那と合わせる前提なので、野菜を感じられるようなものにすることがテーマに。缶詰の中のスープの部分だけを先に鍋に移し、刻んだ白ネギと一緒にゆっくりと火入れをします。ネギに火が入り、くたっとすると同時にネギ自体の甘みととろみがスープに溶けだしてきます。

もっと読む >

山城屋 ×「黒あわび茸佃煮」

山城屋 ×「黒あわび茸佃煮」

缶詰:信州なかの 黒あわび茸佃煮

<岩手県 小林きのこ園>
長野県中野市の黒あわび茸を生産する小林きのこ園さんが開発した瓶詰の佃煮です。黒あわび茸の旨みは何といってもアワビを思わせるようなその独特の食感。コリコリとしたようなその食感を残すためにわざと大ぶりなものを選んで佃煮にしているそうです。

日本酒:山城屋 純米

新潟県栃尾の山奥にある蔵。平成26年4月(25BY)よりリリースされた「山城屋」ラインです。全量をあえて手間のかかる「純米大吟醸」「生酛(きもと)造り」で醸されていて、一般的な純米大吟醸に比べて、味乗りのある豊潤なタイプのお酒です。

アレンジレシピ

山城屋のお酒は、優しい酸を持つ旨みのある純米大吟醸です。その優しい酸というのも旨味系の酸ではなく、乳酸発酵由来のヨーグルトやチーズなどのクリーミーな印象があります。なので今回はシンプルに黒あわび茸の佃煮とクリームチーズを和えるだけの提案をお勧めさせていただきます。

もっと読む >

陸奥八仙 ×「宮島ムール貝のオリーブオイル漬け」

陸奥八仙 ×「宮島ムール貝のオリーブオイル漬け」

缶詰:瀬戸内レモン農園 宮島ムール貝のオリーブオイル漬け

<広島県 瀬戸内レモン農園>
牡蠣の養殖で有名な広島県ですが、実は国産のムール貝の養殖も盛ん。そして生牡蠣にやカキフライの相方と言えばレモンですよね。つまり貝とレモンって相性バッチリなんです。そこへきて実は広島県は国産レモンの最大生産地でもあるという。

日本酒:陸奥八仙 純米

イカ漁で有名な青森は八戸の漁港近くに建つ1740年創業の歴史ある蔵。薫り高くジューシーなお酒を得意とされるイメージで、淡白なお魚、フルーツなどとも相性が良いです。

アレンジレシピ

ムール貝の少しだけ温かいカルパッチョ。缶詰から出たばかりのムール貝はギュッと締まった感じになっているので、鍋に移したり、少しだけ缶のまま湯煎したりして人肌より少し温かくなるぐらいでぜひ。

もっと読む >

中島屋 ×「わしたポーク」

天明 ×「わしたポーク」

缶詰:沖縄県 わしたポーク

<沖縄県 沖縄県物産公社>
沖縄県の定番食材であるスパム、その中でも県産品にこだわり作られた高級缶詰です。沖縄県産の豚肉と鶏肉、塩、香辛料、そして沖縄県の名産である黒糖を使い優しい味に仕上げられています。

日本酒:中島屋 純米

1823年創業。万人受けよりも、10人いたら1人がものすごく気に入ってくれるようなお酒を目指し、なるべく濃いお酒、飲みごたえのあるお酒をと、現・杜氏の中村氏をはじめとした蔵の人々が実直にお酒づくりに取り組んでいます。

アレンジレシピ

そのままでも美味しいのですがやはりスパムは焼き上げることでジューシーさも旨味もぐっとアップします。フライパンで両面をこんがり焼き上げ、スパムから肉汁が少し出だしたらお皿に盛り、その上にオレンジを乗せ、上から特製の山椒を少しだけ振ったら完成です。

もっと読む >

酒ツーリズム特製・手ぬぐい

「酒ツーリズム」で提携している各酒蔵様のお酒をイメージした、タイダイをあしらった手ぬぐいを作りました。今回、いずれか1枚が同梱されます。何が入っているかはお楽しみ!

もっと読む >

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)