Collections

  • YAKISOBA&GROCERIES 一服

    YAKISOBA&GROCERIES 一服

      宅食を楽しく、外食をもっと楽しく 進化系焼きそば専門店とオリジナル商品を中心とした食品を展開するグローサリーを併設したアーケードトーキョーの旗艦店。 グローサリーでは、コロナ禍で需要が高まったお取り寄せやテイクアウトで食を楽しんでもらえる商品を展開。 イートインは、麺、ソースのこだわりだけでなく独創的なメニューを展開する「神焼きそば」の販売。バータイムは、日本酒バルのパイオニア「青二才」プロデュースするカウンターバーをお楽しみいただけます。 家庭食をネクストステップへと昇華する食ブランド。 食に対するあくなき探求を詰め込みセオリーに縛られない料理を生み出すことで、美味しさと楽しみをご提供いたします。 YAKISOBA&GROCERIES 一服 〒165-0026 東京都中野区新井1-15-12 大きい地図で見る 03-6454-0866... 

  • 角打ち割烹三才

    角打ち割烹三才

    角打ち割烹三才 和魂洋才な新しい角打ち割烹料理店 未来に日本酒文化を残すブランドWAX&WANEの角打ちであり、日本酒バルのパイオニア青二才が作る新しい割烹料理店。 角打ちエリアでは、40種類以上の日本酒がお猪口で提供され様々な日本酒を、気軽に体験いただけます。 さらに店内奥には暖簾の入り口があり、別店舗のように区域分けされた割烹エリアございます。広めのカウンターで出汁や食材を活かした和食の枠を超えた、和魂洋才なアプローチのお料理を、ゆったりとご堪能いただける空間をご用意。 A new kappo restaurant with a Japanese... 

  • Bonnie ボニー

    Bonnie ボニー

    笑顔の見えるスイーツ専門店 生産者の顔が見える。美味しく安心安全な手作りスイーツ 食べる人も、作る人もみんなが笑顔になれる商品づくりを目指しています。 ※化学調味料も未使用で、お子様も安心してお召し上がりいただけます。 Able to see the farmer’s face. Delicious, safe... 

  • モモゾノクラフト

    モモゾノクラフト

    地域活性化プロジェクト モモゾノクラフトとは 商店街の活性化を図るために商店街共有ブランドとして立ち上げたプロジェクト。 モモゾノクラフトブランドから、アパレルからビールまで様々なプロダクトをリリース。業種を超えた交流を生み、商店街を線で繋ぎ面となって地域PRを行うことで、中野駅南口住民と商店街店舗の交流を促進させるツールとる役目を担う。 About momozono-craft A project launched as a Momozono... 

  • Mr.Spicer

    Mr.Spicer

    スパイス専門店 アノニマスなスパイス調合集団 スパイスとは、掛け合わすほどに表情を変える正解のないパズルゲーム。 悩みもするが、投げ出さない限り永遠に遊んでいられる。 おすすめの組み合わせや調理方法はご提案させていただきますが、使い方は自由。 ルールがあるとすればどんな結末も楽しむコト。 テーブルの上にあるすべての食材・料理との無限大の可能性をお楽しみください。 An anonymous spice lovers Spice... 

  • WAX&WANE

    WAX&WANE

    酒屋 日本酒文化を守りたい コロナ感染拡大の影響から、飲食店舗への出荷数が大幅減退することで、米農家さんは酒米から飯米(みなさん日頃たべているお米)に作付けを変更します。酒米の生産量が減ればもちろん未来の日本酒生産量も減っていくことが容易に想像できてしまいます。 近い将来に日本酒文化が置かれる厳しい状況を打破する為に、日本酒を愛好する方々はもちろん、今まで自分から日本酒に手を伸ばさなかった方々にも、触れていただける様な素晴らしい日本の酒文化を後世に残すプロジェクトブランドです。 A project to save Japanese sake culture Due... 

  • 青二才

    青二才

    青二才が今できること いつもと違う日常。 飲食店として声を大にしてお店に来て下さいとは言いづらい状況。 今までお店に来てくれたお客さん、酒蔵をはじめとした生産者の方々、スタッフ、そして携わる全ての方々の家族や友人。 僕たちを作り上げてくれている皆さんに少しでも健やかに生活をして欲しい。 健やかな生活を彩る豊かな食卓の一助に。 青二才 アーケードトーキョー店 1万人と乾杯がしたい 東京で飲食店を出して13年。 毎日人が繋がっていくのを目の当たりにしながら、いつか、人と人が繋がって一万人で乾杯が出来たら幸せだろうなと思っていました。 コロナ禍で自由に人が行き来できなくなり、そのことが飲食店にもたらした影響はご存知の通り、日本酒の酒蔵も今まさに大きなダメージを伴ってその状況に襲われています。...