和火師 佐々木厳 線香花火

和火師・佐々木厳氏によって作られた線香花火「菊花 -kikka-」。
佐々木氏本人が収集してきた天然の原料を使って、1本1本心を込めて作り上げたものです。

花火の原点は「祈り」。
コロナ禍によって様変わりしてしまった世界において「無病息災」「邪気払い」といった祈りと共に、皆様に楽しんでいただきたい商品です。



佐々木氏のホームページにはこう綴られています。

==
古来より火そのものには悪や、病気、邪なものを祓い清め、また火の明かりには心を暖かく穏やかに鎮める働きがあるといわれてまいりました。

また花火の原点には、「祈り」があります。
時には御霊を癒し、時には大自然への働きやご先祖様に感謝を示し、そして五穀豊穣や世界の安泰を祈る。
江戸時代、営みの中には祈りがあり、そして祈りのシンボルとして花火もそこに存在していました。

「火」と「祈り」二つの要素を持ち合わせた「和火」は私の心を癒したように、人々の心を癒し、そして世界を癒すことができる信じ、これからも花火に祈りを込めて夜空に咲かせつづけていきたい。
==

この線香花火の名前にもなっている菊の花もまた「無病息災」「延命長寿」「邪気祓い」の意味と薬効を持つ花として広まったそうです。

来夏こそ、夏の醍醐味を存分に楽しんでいただきたい、そんな願いをこめてお届けします。

和火師 佐々木厳 線香花火