山城屋 ×「黒あわび茸佃煮」

缶詰:信州なかの 黒あわび茸佃煮
<長野県 小林きのこ園>
長野県中野市の黒あわび茸を生産する小林きのこ園さんが開発した瓶詰の佃煮です。
黒あわび茸の旨みは何といってもアワビを思わせるようなその独特の食感。コリコリとしたようなその食感を残すためにわざと大ぶりなものを選んで佃煮にしているそうです。キノコの旨みと、醤油のコク、そして甘く仕上げられたこの佃煮はそのままご飯に乗せても、TKGの具としても、そして日本酒のお供にも最高です。


日本酒:山城屋 純米
新潟県栃尾の山奥にある蔵。
平成26年4月(25BY)よりリリースされた「山城屋」ラインです。
全量をあえて手間のかかる「純米大吟醸」「生酛(きもと)造り」で醸されていて、一般的な純米大吟醸に比べて、味乗りのある豊潤なタイプのお酒です。芳醇だけど純米大吟醸だからこその繊細さも持ち合わせる食中酒としてのクオリティが高いお酒です。

アレンジレシピ:
山城屋のお酒は、優しい酸を持つ旨みのある純米大吟醸です。
その優しい酸というのも旨味系の酸ではなく、乳酸発酵由来のヨーグルトやチーズなどのクリーミーな印象があります。なので今回はシンプルに黒あわび茸の佃煮とクリームチーズを和えるだけの提案をお勧めさせていただきます。キノコの香りと醤油の麹感、甘み、そしてクリームチーズの乳酸感が一体となりエンドレスにちびちびやれてしまうコンビになること必至です。

山城屋 ×「黒あわび茸佃煮」