大那 ×「鯖コンソメ」

缶詰:鯖コンソメ(一部にさば・乳成分・鶏肉を含む)
<岩手県 岩手缶詰>
通常のいわゆる鯖缶とは違い、コンソメ味ベースで仕立てられております。
鯖缶と言えば水煮、味噌煮が王道ですが、水煮よりも優しい旨味があり、味噌煮よりも濃くないです。缶詰の中には大ぶりな鯖と、旨味たっぷりのスープが入っておりますのでぜひ、このスープも一緒にお楽しみください。コンソメ風スープというだけあって、野菜などとの相性はばっちりです。


日本酒:大那 純米
大いなる那須の大地に根付くお酒として「大那」と名付けられたこのお酒は蔵元杜氏の阿久津信氏が平成16年から醸しだしたライン。
誠氏が蔵に戻った平成14年は栃木県で一番小さな蔵だったものの逆境に負けない強い思いで大那を全国区の銘柄に仕立てられました。那須地方で採れる山菜や野菜に合うようなお酒造りを目指しておられます。

アレンジレシピ:
大那と合わせる前提なので、野菜を感じられるようなものにすることがテーマに。 缶詰の中のスープの部分だけを先に鍋に移し、刻んだ白ネギと一緒にゆっくりと火入れをします。ネギに火が入り、くたっとすると同時にネギ自体の甘みととろみがスープに溶けだしてきます。
鯖は少しだけ温めて、あとは別茹でした季節の青菜を添えて完成です。少し煮詰められた優しいコンソメ風スープと肉厚な鯖、そしてくたっとした甘みのあるネギを薬味代わりに一緒にどうぞ。

 

大那 ×「鯖コンソメ」