若駒 栃木県・若駒酒造 ハーフコース3本

万延元年(1860年)創業。
奈良の「風の森」を醸す油長酒造さんにて三年間修行の後、 蔵に帰ってきた六代目・柏瀬幸裕さんこと通称カッシーがその経験を活かして丁寧に仕込む銘酒がこの「若駒」です。


ただ、最先端な油長さんと比較し、カッシーの蔵は良くも悪くもクラシック。あまりにも雰囲気が出るために日曜劇場「JIN -仁-」のロケ地にも選ばれたほど昔ながらの作りをしている蔵です。


またこの地は良質なお米と日光連山の清らかな伏流水が数多く湧出するため、酒造りに恵まれた地でもあります。 その良質の米と水を用いて、小仕込で手間をおしまずに丁寧に造られています。
「綺麗な旨味と透明感のある酸」を酒造テーマに掲げているカッシーの醸すお酒は、それぞれが旨味はしっかり存在しながらもどこかしらフルーツ感の漂うお酒です。

若駒「キレコマ」日本酒度+16 五百万石

無濾過生原酒 穏やかな香りと無濾過生原酒でも名前の通りキレの良いドライさが売りのお酒。 切れの良いお酒が好きな方にはこちらがピッタリ! 綺麗でシャープな口当たりがどんなお料理とも相性バッチリです。

若駒「馬夏ンス(バカンス)」八反錦 無濾過生原酒

本来は夏季限定の流通商品ですが、あえて約一年弱寝かせてのリリースです。 若駒らしい柑橘感と、優しい熟成感。 カカオとかすかに薫るオレンジのような印象を与えます。今回、甘さ控えめに作ってもらったチョコとオレンジビールのパンとぜひどうぞ。

若駒「愛山90」無加圧採り 無濾過生原酒

華やかなお酒が多い印象のある愛山というお米をほぼ削らない(低精白)手法で造られ自然の重さで搾られたお酒。本来低精白だと雑味が多くなる傾向ですが、このお酒に関してはほぼそれを感じられず、ネクターのような桃感があるお酒です。

若駒 栃木県・若駒酒造 ハーフコース3本