菊の里酒造「大那」(栃木県)

栃木の大田原の長閑な奥地にある蔵。 那須高原の近くなので、大田原牛・那須野菜などの食材が豊富で、それらに合わせるべく爽やかで程よい苦みを特徴に持つお酒。名前の由来は「大いなる那須の恵み」から。




社長の阿久津信氏は大の寿司好きで、「寿司とも合う!」と語っています。



今回は収穫したばかりの新米「那須五百万石」を100%使用した特別純米の新酒です。



果実を想わせる爽やかな香りに溢れ、若々しい口当たりと、ほんのり甘みを感じられる瑞々しい味わをお楽しみいただける無濾過生酒です。

菊の里酒造「大那」(栃木県)